2012年06月15日

石巻にお米を届けてきました

石巻のオープンジャパンのサンライス元気村プロジェクトに、菅沼さんのお米を届けに行きました。

仮設住宅などに住む一人暮らしのお年寄りの元へ、毎月3kgのお米を
届けるプロジェクト。毎月ボランティアが顔を見てお渡しすることで
孤独死を防ぐことも期待されています。
このプロジェクトでは、お米またはお米を買うためのお金の寄付を
募っており、名前と住所を連絡しておくと、お米と一緒にメッセージ
が届き、受け取った方がお手紙をくれることがあります。

メイド・イン・ふくしまには、これまで本当に沢山の御礼のお手紙が
届いています。

今回、サンライス元気村のボランティアスタッフの方と一緒に、お手紙
を下さった方のお宅を訪ねました。8名の方のお宅を訪ね、ご在宅だった
4名の方とお会いしてお話を聞く事が出来ました。
suzuki.JPG
kimiko.JPG

頂いたお手紙を見せると、懐かしそうに「そうそう、ちょうど孫が遊びに
来ていて一緒に食べたからそのことを書いたんだわ」とか、「本当に
おいしいお米だった」とかずいぶん前のことを思い出して話して下さい
ました。お世辞にも広いとは言えないお部屋に、こころよく上げて
下さって、石巻のおいしいカマボコを食べさせてくださったり、お土産に
海苔を沢山持たせてくださったりと、本当によくして頂きました。
ono.JPG

正直お手紙の文面からは、一体どういう人なんだろう、会いに行ったら
恩着せがましいとか思われるのではないかと心配していましたが、
皆さん本当に明るい!会いに行って本当に良かったです。yanagida.JPG
ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

仮設に住むお年寄りにお米を届けます!

★☆★ご協力&拡散お願いします★☆★

たみこ@会津若松です。

気づけば震災から9ヶ月。
会津には雪の日も増えてきて、また本格的な冬がやってきています。

さて、石巻で震災直後からず〜っと変わらず様々な支援活動を
続けているボランティア支援ベース絆で、仮設住宅に
住むお年寄りにお米を届けるProjectが始まりました。

その名も、サンライス元気村プロジェクト

お米か一口1,500円をメッセージと一緒に送ると、現地ボランティアが
仮設住宅に住むお年寄りお一人お一人に届けて下さいます。
(住所と名前を添えれば、お返事が返ってくるかも!)

必要とされているお米がある一方で、買い手の付かない福島のお米。

メイド・イン・ふくしまで、このプロジェクトに湯川村の菅沼さんの
お米(放射能検査済、ND)を届けることにしました。

適正価格で出来る限り沢山買取して、美味しく食べてくださる人の元へ
届けたいと思います。

賛同頂ける方は、お名前とメッセージをお寄せ下さい。
差し支えない方は、住所もお願いします。

なるべく沢山のお米が届けられるよう、そして福島の農家を買い支え
られるよう、余裕のある方は、下記振込み先までお願いします。
1,000円を3kgのお米に換えて、責任を持って届けさせて頂きます。

振込先:
ゆうちょ銀行
記号10740 番号25969651
(店名〇七八(ゼロナナハチ) 口座番号2596965)
普通預金 コグレマユミ

メッセージ送付先:
info@madeinfukushima.com

第一弾は、12月25日に石巻へ運びます。
是非皆さんのお力をお貸しください!!

寒くなりますので、皆さんくれぐれもご自愛下さいませ♪
ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 01:28| Comment(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

山都の渡部さん

先週末は、和歌山から深尾かずえさんが福島入り。

日曜日に、二人で喜多方市山都町の有機無農薬農家の
渡部さんのお宅にお話を伺いに行きました。

DSCN1636.JPG

写真はよしのさん。
自然との共生を目指した、周りの命に迷惑をかけない
農業をしている、本当にやさしい、素敵な方でした。

去年のお米は、放射能の影響はないと言うことが分かって
問題なく買い取ってもらえて影響がなかったのですが、
今年のお米は業者に販売予定だった分をキャンセルされて
しまって、150俵くらい余ってしまう見込みだとのこと。

メイド・イン・ふくしまで販売のお手伝いをさせて頂いて
いる湯川村の菅沼さんのお米も、去年のお米のように
どんどん買ってもらえる雰囲気はありません。
菅沼さんは、放射性物質の検査だけでなく、独自で自費で
カドミウムの検査も行う等努力されています。

このような状況の中でどのくらいお役に立てるか分かり
ませんが、メイド・イン・ふくしまで販売のお手伝いを
させて頂くことになりました。

渡部さんの田んぼ↓
DSCN1637.JPG

渡部さんの田んぼのある喜多方市山都町は、会津のやや
山奥といった場所で、放射性物質の検出はNDでした。
よしのさんは、この"ND"という表現が不安を呼んでいる
と考え(明らかにされない検出限界値、自然界の放射能の
影響も受けるためゼロというのはほとんど有り得ない事)
さらに独自で福島市の市民放射能測定所に持ち込み、検査しました。
玄米の状態でも、日本の出荷規制値はもちろん、基準の
厳しいドイツの基準大人8Bq/kg、子供4Bq/kgと比べても
低いということを確認して、これなら安心して食べて
頂けるということで出荷を決めたそうです。

「自分達が加害者にもなり得る」という厳しい現状の中、
あちこちの講演会へ出かけて勉強されたんだそうです。

よしのさんが送って下さった手書きの文章をご紹介いたします。
(わたなべ家には、パソコンが無いのだそうです)

『福島の農産物を買い支えてください』

3.11の震災、原発事故以降、福島は苦悩、悲しみ、怒り・・・
農業、漁業への打撃、故郷を追われた人々、放射能への不安・・・
うつくしい福島の地は、被災動物も含め、困難の只中にあります。
会津の地は、こうして、この地に暮らし、不安の中にも、今まで通り
田んぼや畑と向き合って、秋を迎えることが出来ました。
しかし、検査をして、ゼロに近い汚染で済んでいても、
福島のお米は、なかなか食べていただけません。
我が家も、直接送らせていただいている皆様には、ご理解を
いただけ、今までと同じようにお使いいただき、本当に有難く、
助けていただいておりますが、業者さんへ出荷させていただいて
おりましたお米は、扱っていただけず、倉庫に積まれたままと
なっております。
いのちの循環を大切に、田んぼまわりのいのちへの畏敬の念を
心にとめ、自然との共生のたんぼをめざして歩んでまいりました。
自然からの恵みのお米を、安心して、おいしく食べていただける
事が、大きな喜びで、元気をいただいて参りました。
これから先も、田んぼを守り、お米を食べていただく農の営み
続けていきたいと願っております。
是非、お米を食べていただき、福島の農業そして我が家の農の営み
を支えていただきたく、心より、お願い申し上げます。

                飯豊山麓の自然に生かされて
                 有機栽培米・有機野菜
                  渡部仁貴・よしの
posted by メイド・イン・ふくしま at 21:18| Comment(0) | 生産者さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

須賀川銀河のほとり『銀河祭』報告

たみこ@会津若松です☆

会津はすっかり寒くて我が家では唯一の暖房器具、
コタツが活躍しています。
寒さのせいか、最近風邪も流行っているらしいので
皆さんご自愛下さい。自愛っていい言葉ですよね〜。

さて、先週の土日は、須賀川の自然食レストラン
銀河のほとりさんの銀河祭に出店してきました!

銀河のほとりは、震災の直前に道路を挟んだ向かいに
国産木材を使った素敵な新店舗に移転し、震災後は
支援物資の集配やボランティアの活動拠点、そして
放射能から子供達を守る活動拠点など、まさに福島県の
先頭に立って活動されています。

平和であれば、超美味しい玄米や、豆腐ハンバーグ等
が食べられる素敵なレストランですが、今は放射能を
心配するお母さんの駆け込み寺であり、除染実験場
であり、デモ出発の集合場所であり・・・バタバタしている
ことが多いのです。

そんな中、銀河祭では、自由にのびのび色々美味しそうな
楽しそうなお店が出店して、まったりゆっくり、ゆる〜く
ほんとうにいい時間をすごすことが出来ました。
DSCN1539.JPG

小さいお子さんも沢山遊びに来ていて、楽しそうに走り
回っています。銀河のほとりの庭は、0.3uSv/h程度と
郡山や福島市に比べると低いですが、平常時と比べると
やや高いので、マスクをさせるお母さんもいますが、
子供達は気づくと外してしまっています。お母さんは
その都度注意し・・・。そんなことを気にしなくては
いけないというのは、なんとも切ない気持ちです。

この子がポシェットのように提げているのは、
積算被曝線量バッジ。キケンな場所に近付いたら音が
鳴るでもなく、色が変わるでもなく、後で結果が分かる
だけのものです。そしてモチロン食べ物等からの内部
被曝は分からず、外部被曝だけが対象。
DSCN1558.JPG

原発から100km離れた我が家にも、県民健康管理調査の
問診票が福島県と県立医大の名前で届きました。
こちらも何の意味があるのかと思うと返送する気に
なれないというのが正直なところですが・・・。

今回私が販売したのは、最近取り扱いを始めたChampignon*
の手作り雑貨。

準備をして、商品を一つ一つ出す毎に、他のお店の
女性陣から「可愛い〜」「見たい〜」と声が上がり、
そうでしょ?そうでしょ?とテンション上がりまくる私。

しかし、並べ方にセンスがない・・・。

メイド・イン・ふくしまの販売コーナーはこんな感じでした。
DSCN1560.JPG

3人姉妹でお母さんがそれぞれにポーチを買ってくれたり
銀河のほとりのスタッフにと、おじちゃんがヘアピンを
買ってくれたり、大人気でした☆

残った商品は更に会社でも販売しちゃったりして、かなり
沢山の方に買って頂けました!ありがとうございます。

でも私が使っていて一番オススメの長財布は出ませんでした。
考えたら財布って誰でも既に持っていて、1個で事足りて
しまうものなので、買おうと思ったタイミングでしか
買わない人が多いんでしょうね。

そうなると、やっぱりイベントに持っていくというよりは
どこか決まった場所に置いてもらうのが効果的なんだろうな
と思いました。メイド・イン・ふくしまのホームページを
もっと沢山の人に見てもらえるようにするのも一つの手
なんだと思いますが、その方法がなかなか分からず・・・。

明日は、山口陽子ちゃん本人がChampignon*として
会津若松市内で開催される、あいづ発ふくしまを元気にする
プロジェクトてづくり市クラフトガーデンに出店します!
地元の美味しいスイーツが集まるいつも大人気のあぐりカフェ
と同時開催ですので、連休最終日、是非会津若松に遊びに
来てください♪

高速でお越しの場合、会津若松ICは罹災証明書の提示を
行う人で結構こむので、会津河東ICで下りる方が良い
かも知れませんね。

おまちしてまーす!!
(私はイベントスタッフとしてお手伝いさせて頂く予定です)
posted by メイド・イン・ふくしま at 08:51| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

今年のお米の販売について

たみこ@会津若松です。

会津は今、いつもより1〜2週間遅い稲刈りシーズンの真っ只中です。
DSCN1504.JPG

というのも、今年の稲刈りは、放射能の検査が終わってからという
ことで、各農家さん稲刈りを遅らせざるをえない状況だったからです。

放射能のチェックは、まず予備調査と言われる各地域の放射性物質の
濃度を傾向を確認する検査を行い、その結果に基づいて出荷可否を
決める本調査が行われました。

本調査の結果が出るまでは稲刈り禁止。
本調査の結果が出荷NGなら、今年の出荷はNG。
皆が祈るように結果が出るのを待ちました。

農家さんにとっては、自分ではほとんどコントロールが出来ない
放射能についての出来栄え試験という、全く理不尽なこの調査。
私達に出来るのは祈ることだけなのに。
いつもと同じように、たぶんそれ以上に愛情と手をかけて育てた
年に1回の大事な大事なお米が、結果OKならラッキー、NGなら
アンラッキーという検査にかけられるなんて。。。

と、感傷に浸っているのは農家ではない私のような人間で、実際
農家さんは、収穫の時期を自分で決められないといういつもより
余計大変な状況下で、秋の作業に追われてそれどころではなく・・・。

何はともあれ、去年のお米のお手伝いをさせて頂いた菅沼さんの
田んぼがある湯川村は、予備調査ND、本調査NDという、想定
されるベストの結果が出て、出荷が出来ることになりました。

今市場に出回っている多くの食品がおそらくそうであるように、
放射性物質がゼロではないと思いますが、放射線量が0.14μSv/h
という県内では低い線量であることと、今回のNDの結果をもって
今年も販売のお手伝いをさせて頂くことになりました。

下の写真は、先週見に行った菅沼さんの田んぼのこしひかり。
頭を垂れて収穫を待っていました。
DSCN1510.JPG

私は、菅沼さんの新米を戴くのがとても楽しみです。

スーパーには、出荷基準を下回る放射性物質が検出されたものも、
NDのものも区別なく並ぶような気がして、今年はここ会津産の、
顔が見えるお米を選んで食べようと思います。

でも、これはあくまで私の考えです。

お米は、私達日本人にとって本当に主となる食べ物で、妥協して
食べるようなことがあってはいけないと私は思います。

購入していただく方におかれましては、召し上がる方の年齢や
上記のような情報を踏まえ、お一人お一人でご判断頂いた上で
ご購入をお願いします。

一方須賀川の吉田さんご夫妻のお米は、今年は万が一放射性物質
が検出された場合の補償を受けられるように、全量JAに出荷する
とのことでした。JA買取は、自分で販売するよりぐっと安く
なってしまうのですが、補償が受けられないというリスクを考え
れば、避けようのない選択です・・・。
販売のお手伝いは出来ませんが、今までと同じように、たまに
お邪魔して、お二人の笑顔に元気をもらいに行こうと思います!
ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

雑貨の取り扱いを始めます!

たみこ@会津若松です!

この度、メイド・イン・ふくしまで、雑貨の取り扱いを
始めることになりました!

きっかけは、先日滋賀に遊びに行った時のこと。
私の使っていた財布が、可愛い〜♪と大好評で、
「私も買いたい」と言う方が二人も居たのです!

財布は私の友達が作っている物で、彼女にネット販売
していないのか聞いたところ、やりたいと思っている
けど、まだ出来ていないとのこと。

おー、これも、メイド・イン・ふくしまじゃないか!
ということで、こちらのサイトで扱うことに☆

これがその財布です。一緒に写っているのは、同じく
彼女が作ったブックカバーとカードケース。
2011080823280001~00001.JPG

中がまた可愛くて、しかもカードが沢山収納できる
ので気に入ってます。すごい凝った作り。
2011090621400000.JPG

彼女も同じ財布使っていて、使い勝手がいいですよ!
とすすめられましたが、確かに使いやすい!
布なので、手触りも◎です。

お金は折らない方が金運が上がる!というので、最近は
長財布を愛用して居ますが、小さいバックに入らない
のが難点。でもこの財布は可愛いので財布だけ持って
歩いちゃったりしてます手(チョキ)


今日は、具体的にどうやって販売していくかという
本格的な打ち合わせをしました!
写真撮らせて!というと、ちょっと待って!
鏡をチェックさせて〜 という所を隠し撮り。
DSCN1422.JPG

構えた写真はかなり緊張しています(笑)
DSCN1423.JPG

大体のところが詰められたので、近いうちに
こちらのサイトで販売開始できる予定です。
DSCN1429.JPG

っと、、危ない危ない、紹介忘れてました!

彼女は山口陽子さん、Champignon*(シャンピニオン)
というブランドでハンドメイド雑貨の製作・販売を
行っています。上記の他に、名刺入れやアクセサリー
なんかも超可愛いのです☆

皆さん、お楽しみに〜グッド(上向き矢印)



さてさて、毎週日曜日は超美味しいトマトを生産する
コスモス会の星さんが直売をやっています。

会津に居る時は、ほぼ毎週のようにトマトを求めて
出かけるのですが。。。毎度開店30分位で売切れて
しまうということで、全く手に入らないのです!!

でも他のお野菜もぜーんぶ美味しくて、私の会社の
上司は、枝豆「湯上り美人」の大ファンで、ちょっと
中毒症状が(笑)

今回はその枝豆も売り切れで、ネギ、キュウリ、
セニョリータ(パプリカを小さくしたやつ)をGET!
ミニトマトとめげぇ(=可愛い)人参とさつまいもを
オマケしてもらっちゃいました♪
・・・オマケの方が多い?!

台風の影響で風強かったのですが、お客さんが
途切れることはなく、この日も広場に笑い声が絶えず
響いておりました☆

DSCN1421.JPG

会津もだいぶ稲穂が色づいてきました。
収穫の秋が近付いています。。。

ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 23:10| Comment(0) | 生産者さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

近況報告!

アースデイ.しが.7.03に出店後、ブログ更新が
滞っておりました〜。

申し訳ないですっ

まとめて近況報告させて頂きます。

まず、このメイド・イン・ふくしまを立ち上げて
くれた吉澤タケちゃんは、今主に取り組んでいる
被災地の仮設住宅にカーシェアリング用の車を
届けるプロジェクト「日本カーシェアリング協会」
の法人化などを受けて、メイド・イン・ふくしま
を引退(??)しました!

メイド・イン・ふくしまとしても、1口千円の
サポーターや、無料で提供してもらえる車探し
など、全力で応援中!

日本カーシェアリング協会詳細は、こちら

ブログを読むと、被災地の実情や、仮設住宅に
新しいコミュニティが出来上がっていく様子など
が分かって、今どんな支援が必要なのかを想像する
のにとても役に立つと思います!

(単純に楽しんで読んでることも多いですが(笑))


そして、本題の私達メイド・イン・ふくしまですが、
今は主に以下のような活動をしています。

@つながりの出来た農家さん訪問

 色んな野菜・稲の作付け〜出荷の途中途中にお話
 を伺うことで、実情の把握をしています。
 (純粋に美味しい野菜が欲しいだけだったりも・・・)


A農家さんと一緒に除染方法の模索

 福島の汚染地域では、主に子ども達を守るための
 校庭や公園の除染活動が民間レベルで行われています。

 しかし、今最も効果的とされている手法は表面の土を
 取り除くというもので、農家の命である大切な土を
 捨てる必要がある悲しい手法です。

 そこで、農家さん専用の除染メーリングリストを立ち
 上げ、情報収集や実験を通して、農地の除染方法を
 皆で模索しています。
 手探り状態で進めているため、全ての情報をこちらの
 ブログで紹介することは難しいので、この活動に興味
 がある方は、ご連絡下さい。


B新たな方向性模索

 色んな出会いを通して、今後の活動について常に
 「本当の意味でふくしまの生産者のためになる」を
 目標に、出来ることをやって行きます。

 新たな展開については、ブログで紹介させて頂く
 ように致しますので、こんなことを一緒にやりたい!
 というようなご意見ありましたら、是非ご一報
 下さいませ!


先日、メイド・イン・ふくしまのロゴマークを使いたい
という嬉しいお問い合わせを頂きました。

ふくしまのためになることであれば、大歓迎致します。
趣旨をご理解いただいた上で是非お使い下さい。
(悪用と言うのも難しいと思いますが笑)

最後にアースデイ.しがの出店ですが、ふくしまから
来たということで知らないおばちゃんが一緒に売って
くれたり、皆さんの温かさにふれ、幸せいっぱいで
帰って来ました!

おくやさんのお豆はおかげさまでほぼ完売!

すっかり滋賀ファンになったたみこは、この週末も
夜行バスで0泊3日での滋賀訪問をしてきました。
念願の琵琶湖も見れました。

前世は滋賀県民だったのかも?
ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

福島県産PRサイト「ふくすまっぷ」

福島県産をPRするサイト「ふくすまっぷ」
に、メイドインふくしまを紹介頂いています。

http://fksmap.fmf.jp/

一度、覗いてみてくださいね晴れ
posted by メイド・イン・ふくしま at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

”アースデイしが 7.03”に出店します!

7月3日、滋賀の栗東市で行われる”アースデイしが 7.03”に
メイド・イン・ふくしまとして出店します!

メイド・イン・ふくしまとして初の物販。
商品やテントの確保にドタバタしています。

どうなることやら、ドキドキ、ワクワク。

福島県から荷物パンパンに積んで前日の朝出発車(セダン)
夜は宝塚のたいちゃんの家にお泊りです。

関西からよっしーさんとかずえさんも参戦予定。
新潟の十日町に住んでいる高校生の未来ちゃんもお手伝い
してくれるので、途中長岡で拾って行きます。

あ〜楽しみだな黒ハート

販売するのは、下記の通り。
特に喜多方の豆のおくやさんの落花生は超オススメです。
目指せ、完売!!という一方で、足りるかなぁとか心配
しちゃってる図々しい私手(チョキ)

○お米
・湯川の菅沼さんのお米(5合)
・須賀川の吉田さんのお米(5合)
※宅配注文も承ります。

○チャリティーグッツ
・震災チャリティーTシャツ(500円/枚が計測器基金)
・ポストカード

○福島のもの
・喜多方豆のおくやさんのお豆
・あかべえTシャツ
・会津木綿の小銭入れ、ポーチ
・会津木綿の包みボタンのヘアアクセ
・あかべえロウソク
・会津本郷焼の起き上がり小法師とあかべえの箸置き
・黒炭入りクラッカー”ブラッカー”

皆さん是非、足を運んでみてくださいねるんるん
ラベル:たみこ
posted by メイド・イン・ふくしま at 11:25| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。